2016年度第7単位振り返り

本単位では、「自身のありたい姿にどのように近づくのか?」をテーマに考察しました。

12月15日(木)

■講話/能体験
「“能楽”に見る日本のルーツと世界の評価」
(一社)観世会 副理事長 観世流能楽師 山階 彌右衛門氏

12月はリベラルアーツをテーマとし、能と禅の体験を行いました。
六本木の観世流稽古場を訪問し、観世会副理事長山階氏より、能の歴史や、面や衣装等の持つ意味に関してお話しいただいた後、実際に舞台にあがり、摺り足や科白の練習を全員で行いました。能の科白、摺り足ともに姿勢を正し、自分の足元ではなく、少し先に目線を置くこと、腹部に力を入れて声を出すこと等身体全体を使った表現です。身体全体を使って表現をし、普段使わない筋肉を使うことで通常と違う視点での発見があったようです。
また、『芸をどのように後世に残していくか?』という課題については、伝統芸能である能も、ものづくりの世界と同様に課題を抱えています。当日は「血縁のものと、そうでないものがぶつかり合うことで新たな刺激が生まれるため、どちらも大切である」という言葉から、伝統芸能とものづくりに通ずるものを学ぶことができたようです。
「能を通して、経営者に必要な腹を据えることを学べた」「700年も続く伝統を守りつつ、変化にも対応しているところは、ものづくりに通じるものがありそうだと感じた。」という声が上がっていました。

■講話/禅体験
「禅のこころと経営者の心構え」
株式会社シマーズ 代表取締役 
前スターツピタットハウス株式会社 代表取締役社長 島津 清彦氏

2012年までスターツピタットハウス株式会社代表取締役社長を務め、現在は株式会社シマーズ 代表取締役を務めておられる島津清彦氏に講演頂きました。
当日は浜離宮内にある茶室を貸切り、10分~15分程度の座禅を時折はさみながら「禅のこころ」や、経営に活かすことができる禅の考え方について講演頂きました。
スティーブ・ジョブズをはじめ、世界の多くの経営者や企業が禅に注目しています。ビジネスの場で求められる「どんな時でも平常心であること、冷静にジャッジを行うこと」こそは、禅を通して得られると考えられているからです。禅の用語で「脚下照顧」という言葉がありますが、『足下を見よ!現場・現物・現実を自分の目や耳で得た情報を頼りにする』という意味合いの言葉です。
このほかにも挨拶の意味、初心とは?等、部下やチームをマネジメントするうえでキーになるポイントをお話しいただきました。
受講者の方々からは、「自らの緊張や心の乱れをリセットするために今後も禅を取り入れようと思う」「立ち止まって自分自身を見つめなおす良い機会だった」という声が上がっています。

■共同テーマ研究

各グループ共同テーマ研究を行いました。
12月は中日と最終日にそれぞれ共同テーマ研究の時間を取りました。

■講演
「V-CAT診断から見る自身の適性と日本的リーダーシップ」
株式会社エスケイケイ 代表取締役 麓 聡一郎氏 

7月に実施したV-CAT診断をもとに『自身の強みと弱み等の持ち味ついて』改めて考える場を設けました。また、現代の若者の考え方や意識についての調査結果を踏まえながら、部下の育成やマネジメントの方法に関して株式会社エスケイケイ 代表取締役 麓聡一郎氏に、講演頂きました。
「叱る」という漢字は、「言葉で切る」という意味を元来持っています。パワハラにならない叱り方とは、①相手に自分の話を聞く心の準備をさせること②叱る理由を伝えること③肯定語を使うこと④「Let’s」や「We」という連帯感を醸し出す言葉を使うこと等のポイントが大切であると、講演頂きました。
受講者の方々からは、「部下との接し方を学べた」「コーチングの基本を学ぶことができた」という声が上がっています。

■アメリカ視察まとめ
 (株)日本能率協会コンサルティング チーフコンサルタント 島崎 里史氏

11月に実施したアメリカ視察について、視察先ごとにチームに分かれて報告書を作成しました。(Jamco/Boeing、ギリアド、Timbuk2、SAP、シスコ)
当日は復習の意味合いも込めて、視察に同行した(株)日本能率協会コンサルティング島崎氏の振り返り講義を冒頭に設け、各々チームにて報告書を作成いたしました。
今回作成した報告書は冊子として編集後、1月に皆様にお配りする予定です。

■共同テーマ研究

2月の発表に向けていよいよ大詰めです。各グループアメリカ視察や12月のプログラムを経て議論を深化させていたようです。

【企画担当】
一般社団法人日本能率協会 JMI生産・開発マネジメントコース担当 勝田・平井
TEL:03-3434-1410 FAX:03-3434-3593
E-mail:Kentaro_Katsuda@jma.or.jp Nozomi_Hirai@jma.or.jp

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1410受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

このページの先頭へ