2016年度第9単位振り返り

2月10日(金) 最終報告会

2016年度JMI生産・開発マネジメントコースの最終報告会・修了式を2月10日(金)御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンターにて執り行いました。
コメンテータとして、当コース主任講師の坂爪氏と、OBである横浜ゴムの加々美氏、ソニーの盛田氏にご参加いただきました。
また、当日は25名前後の方にオブザーバとして出席いただき、活発な質疑応答が行われました。

DSC_1379 DSC_0809

※コメンテーター3名は以下の通りです。(敬称略)

  • 坂爪 裕氏
    慶應義塾大学大学院 経営管理研究科教授
  • 加々美 茂氏
    横浜ゴム株式会社 (2000年度修了生)
  • 盛田 陽一氏
    ソニー太陽株式会社(2008年度修了生)

■第一発表グループ:チーム265
テーマ:『日本の製造現場(ものづくり)の意義は』

DSC_0712 DSC_0725

日本を代表する製造業の多くが海外に製造拠点を移す例が増えていく中、日本に製造現場を残す意義について、企業訪問や受講者内でのアンケートを通して考察しました。
日本の製造業が国際競争力を高めるためには日本に製造現場を残す必要があり、そのためにはものづくりのプロセスを革新すること、人財育成に力を入れる必要があるという提言を行いました。

■第二発表グループ:イノベーション倶楽部
テーマ:『日本のものづくりは、追い詰められているのか?』

DSC_0876 DSC_0868

近年データ改ざんなどの不正に手を染めてしまうものづくり企業が多く見受けられます。
日本の製造業が何故不正を行ってしまったのか、日本を取り巻く状況をGDPの数値や、研究開発費の推移、人口推計等様々な統計データをもとに考察しました。
その上で、若者への投資や政府として明確な方向性を示すべきだという国家レベルでの提言を行いました。

■第三発表グループ:enjoy!ものづくりチーム
テーマ:『日本人のものづくり力はなくなってしまったのか?
     ~日本伝統から学ぶこれからの人づくり~』

DSC_1025 DSC_1102

「ものづくり(ひとづくり)でお客様の喜ぶ、ことづくりを実現する。
日本の良さを次の世代に繋げ、ひとづくりで競争力のあるものづくりを永続化する」ということを、自分たちの考える「ものづくり企業のありたい姿」として定義したうえで、激動の時代のなか、日本のものづくり企業として環境変化に対応する人財をどのように育成すべきか、ということをキーに、コース内で学んだ伝統芸能とビジネスの環境変化に対応できる人財との共通点を考察し、議論を深耕しました。

■第四発表グループ:チームプロペラ
テーマ:『企業利益につながる人財育成~人財育成の進むべき方向~』

DSC_1200 DSC_1235

ものづくりから、ことづくりが求められる現代社会において、企業が今求められる人財育成はどのようなものか、課題を分析したうえでチーム構成員各企業が推し進める人材育成の取り組みに関して具体的な事例を考察し、経営者への提言を行いました。

■第五発表グループ:匠Japan
テーマ:『提案!匠共和国オープンイノベーション~高度ゼロの地上戦~』

DSC_1361 DSC_1375

アメリカ視察を経て、日本が世界の中で勝負できるのは新しいアイデアやプラットフォームビジネスではなく、従来日本が推進してきた「地上戦(物質的に良いものをつくり、それを売ること)」であり、「匠」を活かすことなのでは?という仮説設定の検証を行いました。
匠と呼ばれる明文化できない技術と感性を持つ人材を企業間で共有する仕組みを作ることを提言しました。

■認定書授与・修了式
DSC_1476 DSC_1497

修了式にて修了証書が授与されました。
27期23名全員が経営マスターとして認定されました。

【企画担当】
一般社団法人日本能率協会 JMI生産・開発マネジメントコース担当 勝田・平井
TEL:03-3434-1410 FAX:03-3434-3593
E-mail:Kentaro_Katsuda@jma.or.jp Nozomi_Hirai@jma.or.jp

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1410受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

このページの先頭へ