マツダインタビューその2|一人ひとりに合ったマネジメントとは?


JMI生産・開発マネジメントコースの修了者である、マツダの林さん(技術本部 パワートレイン技術部 主管、2015年度当コース修了)を訪問しました。
日本能率協会の勝田 健太郎がインタビューいたします。(以下敬称略、役職当時)

一人ひとりに合ったマネジメントとは?

勝田
すごく興味深いお話なのですが、インナー着火というのは、やる気を持たせるとか、そういうことなのでしょうか。


そういうことですね。

例えば、なんだかよくわからないのに、「お前、今日取引先に行って何かやってこい」といきなり言われても、困るでしょう?

やはり目的であるとか、自分の何かにつながるとか、自分の意見も取り入れてもらえるとか、あるいは、「せっかくやるのなら、こういうことをやりたい」「わかった、それをやろう」というふうに共感してもらうことです。

そういう状態であれば、モチベーションが上がるというか、少しはやろうかなという気になると思います。

勝田
ひじょうに難しいミッションですね。


これはね、人それぞれだから100点というのはないのです。
いろいろな人がいる中、やり方も変えないといけないし、やはりマネジメントの仕方はいろいろとあると思います。

例えば、人の話をちゃんと聞くとか、自分が目線を下げて、相手としっかりと日ごろから思いを共有するとか、そういうマネジメントの仕方もあるのだけれども、人によっては、そういうことよりも、昔ながらの指示のほうがよかったりもします。

そういうふうに話を聞いていると甘えにつながるとか、もっと厳しくしないといけないとか、いろいろなマネジメントスタイルがありますが、いずれにしても、マネジメントの意識が大事だと思いますね。

やはり組織力を上げていこうと思ったら、もう少し個人をやる気にさせて、レベルを上げていかないといけないのだけど、そこの課題はありますね。

これは自分も含めてなのですが、マネジメントの質を上げないといけないなということは、強く感じています。

JMIの宣伝になるかもしれないけれども、インナー着火の為にはマネジメントの質を上げないといけないし、そこにはまだ課題がありますね。

〜2/7 page〜

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1410受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

このページの先頭へ