NECインタビューその3|受講成果をどのようにして自社で展開していくのか?

当時は、開発プロセスの改善や、関連する情報システム開発がミッションでした。


JMI生産・開発マネジメントコースの派遣責任者である
日本電気株式会社の市原直人さん(サプライチェーン統括ユニット 主席品質主幹、当コース第6期生、共同テーマ研究コメンテータ)を訪問しました。
日本能率協会の中川雅志がインタビューいたします。(以下敬称略、役職当時)

受講成果をどのようにして自社で展開していくのか?

image3

中川
JMIの受講によって市原さんが得られた成果は何でしょうか。
学んだことを自社で活用できた経験はありますか。

市原
私にとって論文のテーマは、実際の仕事とかなりリンクしていましたので、そのまま会社の中でどのように展開すればいいかという話ができました。

当時は、開発プロセスの改善や、関連する情報システム開発がミッションでした。

その最中、論文をまとめるに当たってさまざまなツールのことや組織との関係、プロジェクトの基本的な進め方について、あれこれと調べました。

それが仕事上の基礎知識として使えましたよ。

中川
共同テーマ研究の内容がそのまま使えたのですね。

報告書がそのまま業務に生かせたこと、コンカレント・エンジニアリングを含めて業務をスムーズにさせたというところが最も大きかったわけですか。

市原
そうですね、幅も広がったように思います。

基礎的ないろんな勉強をしたことに加え、チームメンバーの会社の中での活用の仕方を考えたり、いくつかの企業を訪問して話をさせていただいたりしましたからね。
JMAのメンバーではない会社にも行きましたが、雑誌等で情報を入手したところへJMAからつながりをつけてもらい、見学に行ったりしました。

中川
うまくネットワークを活用するとともに、さらにネットワークを広げていったわけですね。

市原
そうですね、あのメーカーから受講生は来ていませんでした。

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1410受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

このページの先頭へ