NECインタビューその5|品質から考える日本のものづくりのありかたとは?

製造装置の性能によって品質が決まってしまうものは、
残念ながらもう差が出ないのではないですか。


JMI生産・開発マネジメントコースの派遣責任者である
日本電気株式会社の市原直人さん(サプライチェーン統括ユニット 主席品質主幹、当コース第6期生、共同テーマ研究コメンテータ)を訪問しました。
日本能率協会の中川雅志がインタビューいたします。(以下敬称略、役職当時)

品質から考える日本のものづくりのありかたとは?

image5

中川
本年度のJMIの講義の中で、中国と日本の賃金差が最近、大分狭まって
きたという話がありました。

その先生は、日本企業にとってまたとない好機だと捉えていらっしゃい
ましたが、その一方で中国製品もだんだんと品質を向上させています。

今日の発表でも日本製品は品質が高く、それは武器になるというものが
ありましたが、中国製品の方が品質が良くなるというような未来も
考えなければならなくなるのでしょうか。

市原
品質のとらえ方で変わってくると思います。

海外生産でも日本製と共通のキーパーツを使っている場合や、製造装置の性能によって品質が決まってしまうものは、残念ながらもう差が出ないのではないですか。

そうすると、設備の新しい方が良いということになります。

ですが、設備をそのまま設備として使うだけではなく、プラス・アルファの部分で多分、差が出るでしょうね。

その辺りが、マインドの話や企業の理念と結びついていくはずです。

これから日本企業が外国に差をつけるとしたら、プラス・アルファの部分を考える必要があるのではないですか。

中川
プラス・アルファの部分が、日本のものづくりをどうするか、という共同テーマ研究のテーマに結びつくかもしれませんね。

市原
そうですね。

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1410受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

このページの先頭へ