オムロン上海インタビューその2|研修に参加して感じた印象とは?

JMI生産・開発マネジメントコースの修了者である、オムロン上海の西山さんを訪問しました。
日本能率協会の勝田 健太郎がインタビューいたします。(以下敬称略、役職当時)

研修に参加して感じた印象とは?

IMG_0090勝田
ありがとうございます。
続いて、JMI生産・開発マネジメントコースに関する質問をさせていただきたいと思います。

西山さんは確か2014年度、第24期の受講生でした。

少し思い出していただいて、初めてこの研修を受けると決まった時はどんなお気持ちでしたか。

恐らく当時はこの研修をあまり詳しくご存知なかったのではないでしょうか。

その辺りも踏まえて、思い出していただけたらと思います。

西山
当時は確か日本能率協会の研修室が会場でしたね。

「いつもの研修か」というような感じで当初は捉えていました。

ちょうど職場が生産の現場から本社のスタッフに変わった時だったので忙しく、「何でこの時期に」と思って初日を迎えました。

しかしその後のいろいろなディスカッションや、夜皆で食事に行った時に話を聞いていると、最初は皆さんも私のような気持ちで研修に行ったのだということや、大体同じようなポジションにいる人たちが多く、会社の中だと言えない悩みを皆持っているということが分かりました。

業務の中身や機密の話はできませんが、交流が有意義でまた行きたいなと思ったのを覚えています。

勝田
確かに社内研修慣れされている方が結構多いですね。

西山
今さら研修かって(笑)

勝田
毎年聞きますね、皆さんから。

西山
この研修は今まで受けてきた研修とは違うなと思いますね。

勝田
会社のほうからはその研修派遣に参加するにあたって、何か期待や目標などを上司の方から伝えられましたか。

西山
上司は能率協会の評議員でしたので、この研修の良さというのはある程度知った上だと思いますが、社内だけではなくて、外部にいろんなネットワークを広げて、自分の能力を高めてくるように、という話をされたのを覚えています。

〜2/5 page〜

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1410受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

このページの先頭へ