武田薬品工業インタビューその5|日本のものづくりに求められている事とは?

私の立場としては、今後はメンバーのプレゼンスを示せるように努力したいと思います。


2012年度JMI生産・開発マネジメントコースの修了生である、武田薬品工業株式会社の上永吉剛志さん(CMC研究センター バイオ技術研究室 リサーチマネジャー)を訪問しました。
日本能率協会の安部武一郎がインタビューいたします。(以下敬称略、役職当時)

日本のものづくりに求められている事とは?

img001

(安部)
製造業をおしなべて俯瞰して見ると、
やはり強みも課題も似ていると感じます。

さて、様々なグローバル人材が
貴社にどんどん集まっていらっしゃる
中で、上永吉さんの担当している
ものづくりのところは高い評価を
もらっているとおっしゃっていました。

その方々の距離感ですとか、
どのような反応をされるのかを
お聞きしてもよろしいでしょうか。

(上永吉)
そうですね。

実際にヒアリングしたことがないので難しいですが、
ただ、今の課題が更なる製造プロセスの最適化技術の開発なので、
そこに貢献できているという事実がはっきり見えると、
われわれのことを認知していただけるかなと(笑)。

(安部)
ということは、貢献をはっきり示すというのも簡単ではないわけですね。

(上永吉)
そうですね。
いわば、様々なタレントが様々な仕事をして、総合的に仕事をしているので。

私の立場としては、今後はメンバーのプレゼンスを示せるように努力したいと思います。

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1410受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

このページの先頭へ