横浜ゴムインタビューその6|「現場へ行け」という言葉の意味は?

時間ができた時は社内をウロウロして様々な方と雑談しますが、それが人を知るうえで最も重要ですね。


JMI生産・開発マネジメントコースの派遣責任者である
横浜ゴムの加々美さん(タイヤ生産技術本部 本部長、2000年度当コース修了生)を訪問しました。
日本能率協会の中川雅志がインタビューいたします。(以下敬称略、役職当時)

「現場へ行け」という言葉の意味は?

image6

中川
派遣する社員の方を貴社ではどのように選抜してい
ますか。

加々美
私は生産技術や生産系の幹部、技術屋さんをすべて
預かっていますから、その中で先に進める素養のあ
る人を私なりに判断して送り出しています。
基準はマネジメント力、人間性、スキルなどです。

中川
人間性やマネジメント力などは測ることが難しいと
思いますが、加々美さんはどのようにして部下の方
々の人間性などを測っておられるのでしょうか。

加々美
部長や課長クラスとは絶えず会話しています。
そうすると人間性がだいたい分かります。
時間ができた時は社内をウロウロして様々な方と雑談しますが、それが人を知るうえで最も重要ですね。
今のポジションは本当のところ、あまり下へ降りてはいけないのですけどね(笑)。

現場にもよく出かけて、地元の社員たちと話をしています。
作業員でも上のクラスの方たちと話していますから、いろいろな工場へ出向いてもわりと歓迎されています。
コミュニケーションできない人はダメになりますね。

私が役員になるとき、会長からいわれたのは、「威張るのは最低だ」「ただし頭は下げても威厳だけは落とすな」。

すごく難しいことですが、この言葉は身に染みます。
だから冗談をいいつつもピリッとしたところを持とうとしていますが、なかなか身につかないで困っております(笑)。

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1410受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

このページの先頭へ