講師陣紹介


2015年度主任講師プロフィール(順不同、敬称略、役職及びプロフィールは2015年当時)

坂爪 裕

慶應義塾大学 大学院経営管理研究科 教授
 

坂爪 裕

1989年 慶應義塾大学文学部
人間関係学科
人間科学専攻卒業
アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)、
(株)さくら総合研究所(現日本総合研究所)を経て、
2001年 京都産業大学
経営学部専任講師
2004年 慶應義塾大学大学院
経営管理研究科専任講師
2006年 同研究科助教授
2012年 同研究科教授 
1995年 慶應義塾大学経営学修士 
2004年 慶應義塾大学経営学博士

<専攻分野>
生産政策、生産マネジメント

<主要研究>
セル生産方式に関する研究
継続的改善活動の促進要因に関する研究
国内製造拠点の役割に関する研究

藤本 隆宏

東京大学大学院経済学研究科教授
兼 東京大学 ものづくり経営研究センター長

藤本 隆宏

1955年 東京生まれ
1979年 東京大学経済学部
卒業、三菱総合研究所入社
1989年 ハーバード大学
ビジネススクール
経営学博士号取得、
同大学研究員
1990年 東京大学経済学部助教授
1996年 リヨン大学客員教授、
INSEAD客員研究員
1996年 ハーバード大学
ビジネススクール客員教授
1997年 ハーバード大学
上級研究員( ~現在)
1998年 東京大学大学院経
済学研究科教授( ~現在)
2003年 東京大学21世紀COE
ものづくり経営研究センター長
2009年 東京大学グローバルCOE
ものづくり経営研究センター長 

<専攻>
技術・生産管理

延岡 健太郎

一橋大学 イノベーション研究センター長 教授
 

img_murkawano01

1981年 大阪大学工学部
精密工学科卒業
自動車会社で8年間商品戦略の企画推進を担当
マサチューセッツ
工科大学(MIT)で
経営学修士号(1988年)、 
経営学博士号(1993年)取得
1994年 神戸大学経済経営研究所助教授
1999年 神戸大学経済経営研究所教授
2001年~ 経済産業研究所(経済産業省の
シンクタンク)のファカルティフェローを兼任。
2008年 一橋大学イノベーション研究
センター教授
2012年~ 同 研究センター長

<専攻>
経営戦略、経営組織、技術経営

崎川 茂郎

学校法人上智学院 理事
中部大学客員教授

崎川 茂郎

1943年生まれ
1966年 慶應義塾大学
経済学部 卒業、
三菱商事(株)
本社化学品部門配属、
その後、
ドイツ三菱商事、
本社合成樹脂部門、
米国三菱商事、
Rimtec Corp. President

1995年 矢崎総業(株)
Nacom Corp. EVP、
Yazaki North America Inc. EVP、
Yazaki United States Inc. President
取締役 大阪支社兼中部支社長、
取締役 人財開発室長 国際労務部長

2007年 Softbridge Solutions(株)顧問
TPI Japan(株) 顧問
2009年 Softbridge Global Studies(株) 顧問
2010年 中部大学 高等学術研究所 客員教授

<職務経験>
・化学品、合成樹脂などの国内、貿易、海外営業技術提携・導入
・海外合弁事業、買収、設立、経営
・海外企業人事労務管理
・人材育成、教育研修
・研修講師(グローバル人材、多様性)

藤田 敏

調達科学研 代表
 
 

坂爪 裕

1958年 新潟市生まれ。
1981年 慶応義塾大学法学部
政治学科卒業、
同年ソニー(株)入社
1988~91年、95~2003年
調達責任者としてアメリカ各地赴任
2009年 ソニー(株)
調達本部 部門長
2013年 調達科学研 設立

松田 将寿

㈱日本能率協会コンサルティング(JMAC)
経営構造転換センター センター長 シニア・コンサルタント
全日本能率連盟認定マスター・マネジメント・コンサルタント

松田将寿

1968年 東京生まれ。
1996年 早稲田大学大学院 法学研究課 修士課程終了
1996年 JMAC入社

製造業を中心に生産領域、
戦略領域で20年超の経験。

支援企業は製造業を中心に
国内外(海外は現地企業含む)合わせて
100社を超える。
主要領域は、製造業における経営戦略策定・
経営戦略・経営改革実現支援。
品質保証関連、SCM関連などクロス
ファンクショナル領域にも強みを持つ。

特別講師プロフィール(順不同、敬称略、役職及びプロフィールは2015年当時)

箕浦 輝幸

トヨタ紡織株式会社 相談役
 

箕浦輝幸

1943年生まれ。
1967年
トヨタ自動車工業株式会社
入社
1992年
トヨタ自動車株式会社
物流管理部 部長
1994年
同社 人材開発部 部長
1998年
同社 取締役
トヨタモーターマニュファクチャリングノースアメリカ株式会社 取締役社長
2002年
トヨタ自動車株式会社常務取締役
2003年
同社 専務取締役
2004年
ダイハツ工業株式会社 取締役副社長
2005年
同社 取締役社長
2010年
トヨタ紡織株式会社 取締役会長
2012年
同社 相談役
(現在に至る)

やまざき ゆにこ

(株)ユニファイナアレ代表
グラフィックファシリテーター

やまざき ゆにこ

わたしがこの仕事を始めたのは、2005年、(当時)大手企業の人事課長をされていた方が、「アメリカでグラフィックレコーダーという仕事がある」と教えてくれたことがきっかけでした。その方がアメリカで撮影してきたグラフィック写真を見て、「私の日頃のノートみたい!」と驚いたのを今でも覚えています。すべては 「日本にはまだ居ないようだけどYuniなら出来るのでは」という一言から始まりました。

 それからひたすら会議に立ちあって筆を動かしてきました。その「場」に寄り添い、とにかく描きとめること。一人一人の違ったイメージをつないでいくこと。言葉と文字だけでは交わしきれない思い、理解をつないでいくこと。そして、時間軸とともに壁紙に現れたグラフィックの中の物語りを、それを描かせてくれた人たちに伝え戻していくこと。そして、またグラフィックから触発されて生まれた新たな議論や対話を、ただただ描きとめていくこと。そうして出来上がった絵巻物は、最初はその「場」のためだけに描いたものも、例えて言うなら、文字をもなかった古代の人たちが壁画を使って語り継いだように、確実に「場」の外の人達を巻き込み伝播・浸透を引き起こしていく力があります。

  いったん出来上がったグラフィックは、その後も、未来行動への探究を、見る人に語り続けます。その持続する絵の力を目の当たりにするたびに、私は絵筆でその「場」の思いを紙の上でしっかりつないで、未来に流れを起こしていくこと。それこそが、グラフィックファシリテーションの重要な役割であり、使命と自覚し、日々取り組んでいます。

 多様な思いが集まる、議論・対話の現場で、未来を創り出す「今」という場に立ちあえることに感謝しつつ、 「今」流れている本質をつかんで、 「今」と「未来」をつなぐ絵を共に描き出すことに尽力します。そして一人でも多くの人たちの未来行動をサポートします。

デービッド・アトキンソン

株式会社小西美術工藝社
代表取締役社長

デービッド・アトキンソン

1965年、英国に生まれる。
英国オックスフォード大学卒業。
アンダーセン・コンサルティングに入社後、
ソロモン・ブラザーズ、ゴールドマン・サックスを経て、
2010年より文化財の保存修理の老舗である小西美術工藝社の会長就任。
2011年より社長を兼務し現在に至る。

熊倉 功夫

公立大学法人 静岡文化芸術大学 学長
一般社団法人 和食文化国民会議 会長

熊倉 功夫

1943年東京生まれ。
東京教育大学卒業。
文学博士。
筑波大学教授、
国立民族学博物館教授、
林原美術館館長などを歴任。
現在、静岡文化芸術大学学長。
一般社団法人 和食文化国民会議 会長。

著書に『日本料理の歴史』、
『茶の湯といけばなの歴史 日本の生活文化』、
『後水尾天皇』、『文化としてのマナー』、
『現代語訳 南方録』、
『茶の湯日和 うんちくに遊ぶ』等。

鈴木一義

国立科学博物館
産業技術史資料情報センター長

鈴木一義氏

昭和56年
東京都立大学工学部
機械工学科卒
昭和58年
同大学院工学研究科
材料力学専攻修士課程終了
同年
日本NCR株式会社 技術開発部勤務
昭和62年
国立科学博物館理工学研究部勤務

研究対象は、日本における科学及び技術の発展
過程、特に江戸時代から現代にかけての科学、
技術の発展状況を、博物館的な実物資料の視点
から実証的な見地で調査、研究を行っている。

「文化審議会文化財分科会世界文化遺産特別委員会ワーキンググループ」委員、
「佐渡市金銀山遺跡調査世界遺産」委員、
経済産業省「ロボット大賞」選考委員、
「ものづくり日本大賞」選考委員、
「ものづくり政策懇談会」委員、
「トヨタ産業技術記念館」展示監修委員、
「江戸東京博物館」展示監修委員、
「日本航空協会」評議員、
「石見銀山世界遺産」アドバイザー、
「NPOものづくり生命文化機構」理事、
その他博物館の構想委員や展示監修委員
など。

フランツ・ヴァルデンベルガー

ドイツ日本研究所 所長
 

フランツ氏

昭和56年
1986年
ケルン大学助手
1989年
ドイツ独占委員会職員
同年
ケルン大学社会科学学部大学院博士課程修了
経済学博士号取得
1992年
ドイツ-日本研究所研究員
1996年
ケルン大学にて教授号(Habilitation)取得
1997年
ミュンヘン大学経営学部及び日本センター教授(~現在)
2010年
筑波大学大学院ビジネス科学研究科教授(*)
2014年
ドイツ日本研究所 所長(~現在)(*)
(*)ミュンヘン大学休職中

研究分野
日本とドイツ又はヨーロッパを中心とした
経済システムの比較
コーポレートガバナンス
雇用制度
国際マネジメント

麓 聡一郎

株式会社エスケイケイ 代表取締役社長
NPO法人メンタルぷらす協会Reforest 理事長 

麓 聡一郎

1963年生まれ
早稲田大学卒業、
ボストン大学留学
専門は臨床心理学・行動学

〔SKK式適性検査(V-CAT)〕の年間40万人におよぶ解析をもとに、全国の上場企業・官公庁などおよそ3000団体の採用選抜・人財育成に関わる。
小・中・高校など教育界では健やかな成長を支えるための助言を行なっている。
メンタルヘルスや人財育成をテーマとした講演のほか、適正配置やストレスマネジメントを主眼とした人事コンサルティングにも取り組む。

山階 彌右衛門

シテ方観世流
 

山階氏

昭和36年生まれ
二十五世観世左近次男
二十六世観世清和に師事
重要無形文化財総合指定保持者
(一財)観世文庫常務理事
(一社)観世会副理事長

観世流シテ方として様々な舞台に出演。
また海外公演や学校教育や子供への能楽普及などにも意欲的に取り組む。

大久保 孝俊

スリーエム ジャパン 株式会社
チーフ・プロセス・オフィサー(CPO)

大久保 孝俊

1955年4月
長崎生まれ。
1980年3月
九州大学大学院工学研究科応用化学専攻 修士課程修了。
1983年3月
住友スリーエム(現スリーエム ジャパン)に入社。
1987年7月
米3M社メモリーテクノロジーグループ研究員。
1999年10月
山形スリーエム(現スリーエムジャパンプロダクツ山形事業所) デコラティブ・グラフィックス技術部長。
2003年9月
米3M社アジア・太平洋地域担当シックスシグマ・ダイレクター。
2005年6月
米3M社コーポレートリサーチ研究所技術部長。
2007年6月
スリーエムジャパングループ(当時は住友スリーエム)技術担当執行役員。
2009年8月
スリーエムジャパングループ(当時は住友スリーエム)のビジネスプロセスの全体最適化を担うチーフ・プロセス・オフィサー(CPO)に就任。

飯塚 保人

経営コンサルタント
 (一社)経営禅研究会 代表幹事

飯塚 保人

・学生時代に会社を設立、OA機器販売を手がけ、17年間で千代田・中央・港区で大手企業3,000社ユーザーを確保する
・経営者の育成を目的にアイエスケー・コンサルティング株式会社を設立し、「ISK経営塾」を主宰
・以来、通算100期を超え、塾頭として経営トップ及び経営幹部の指導を行い、卒業生はおよそ3,000人を数える
・禅的思考をベースに、原理原則をふまえた経営指導で、中小企業の経営改善に数々の実績を上げている
・顧問先は、いずれも史上最高の利益を上げており、勝ち続ける経営指導の第一人者として活躍中
・東京青年会議所シニア会員
・千代田区・紀尾井町ロータリークラブ会長(2004~2005年)
・60歳から乗馬を始め、3年3ヶ月で1,000鞍騎乗達成の偉業を成し遂げる(2015年現在5,000鞍以上)
・65歳、「王道」「幸せ・・・お前に有難う」でCDデビューを果たす
・国指定重要無形民俗文化財 「相馬野馬追」に参戦
・著書に『禅と経営』、『日めくり 禅と経営』など多数
・Youtubeにて『禅と経営』好評配信中

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト 製造業のための生産分野専門オンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1955受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

このページの先頭へ