2017年度第2単位振り返り

1日目【7月13日(木)】

1)講演・ディスカッション

「これからの日本のものづくりの方向性」
経済産業省 製造産業局 安藤 尚貴

ものづくり白書を作成や製造業の産業政策を検討・推進している、経済産業省製造産業局安藤氏にご講演いただきました。アメリカ・ドイツ・中国といった様々な国で、デジタル化を台頭に産業構造の変化が起こっているなかで。海外諸国の挙動をどのように捉え、日本として今後どのように動こうとしているのか、現状と我が国の産業が目指す姿を示すコンセプト「Connected Industries」も含め解説いただきました。

2)共同テーマ研究

6月のチーム編成に続き、テーマについて検討をしました。共同テーマ研究は各社(各個人)の課題や問題意識を経営視点で捉えながら探究することを目的としております。テーマが決定し各チーム本格的に研究を開始しました。

【テーマ一覧】

Aチーム: Made in Japanの今昔物語

Bチーム:企業の壁を越えたおもてなしものづくりはコレだ!!

Cチーム:日本未来作り

Dチーム:エンドユーザーの満足を得る商品・サービス(コト)を提供するためには?

Eチーム:日本のものづくりの将来に必要者新たなコア

Fチーム:5,000万人社会でのものづくり

03

2日目【7月14日(金)】

1)講演・ディスカッション

「協力メーカにとっての大企業」~ネットワーク型組織能力の形成とは~
福山大学 経済学部教授中沢 孝夫

中小企業を中心に多くの製造業の経営者や従業員からの聞き取りや現場の調査を実施されている福山大学の中沢教授にご講演いただきました。日本の製造業に求められる競争力のありかたについて、企業の組織能力と企業間のネットワークの観点から中沢講師の調査や検証の事例を用いて解説いただきました。ディスカッションでは競争力を生み出すために必要な人的資源管理のあり方をついて議論しました

3日目【7月15日(土)】

1)講演・ディスカッション

「これからの日本の産業技術を考える」

①「技術の系統化について」

永田 宇征氏(国立科学博物館 元主任調査員)

②「タイヤ技術の系統化と生産技術の変遷」

石川 泰弘氏(国立科学博物館 元主任調査員)

③「日本の産業技術の強みについて考える~大型ガスタービンの経験をベースに」

福江 一郎氏(元三菱重工業副社長)

国立科学博物館では、長年、各技術分野の技術開発・技術革新に取り組んできた専門家を調査員として招き、関連する分野の技術発達を系統的に調査研究すると共に、その技術と社会・文化との相互関係の分析と検証を行っています。その検証より明らかになった、日本独自の技術開発環境や技術開発スタイルなど、各企業でイノベーションを創出してきた調査員の方よりお話いただきました。これからの日本の産業技術のあり方について探求いたしました。

06

「歴史から見た日本のものづくり」2 )講演・施設見学

国立科学博物館 産業技術史資料情報センター長 鈴木 一義氏

科学技術史を専門とされている鈴木氏より、日本のものづくりの歴史について講演いただきました。江戸時代、日本は欧州の貴族社会と異なり、平和な庶民の社会を徳川幕府が築いていた為、大衆が技術に触れることができ、学び、そして育てる文化がありました。それが今日の日本のものづくりの源泉となっていることを学びました。

講演後は、鈴木氏の解説のもと江戸時代~戦後~現在の宇宙開発に至るまで、日本が誇るものづくりの展示物について解説をいただきながら見学しのづくりの歴史を学びました。

派遣責任者のみなさまには、改めて詳細のレポートを送付します。
JMI生産・開発マネジメントコースクイックレポートをお読みいただき、ありがとうございました。

 

【企画担当】
一般社団法人日本能率協会 JMI生産・開発マネジメントコース担当 勝田・吉田
TEL:03-3434-1410 FAX:03-3434-3593
E-mail: Kentaro_Katsuda@jma.or.jp  Takafumi_Yoshida@jma.or.jp

お問い合わせはこちらから
サブコンテンツ
CPE 生産技術者マネジメント資格 CPF 第一線監督者マネジメント資格 CPP 購買・調達資格公式サイト ものづくりポータルサイト ものづくりのためのJMAオンラインセミナー JMA GENBA Management Conference & Award 第一線監督者の集い GOOD FACTORY賞 受賞記念講演会 ものづくり総合大会 生産革新プロフェッショナルコース ものづくり人材育成ソリューション JMA海外体験型研修プログラムJ-EXCEED

教育・研修に関するご相談は、お気軽にお問合せください。

03-3434-1410受付時間 平日9:00 - 17:00
お問合せ

TOPへ